肌の乾燥予防が老化の予防につながる

20歳代のころまではたいして、肌の手入れに気合いをいれなくても気になることなく過ごしてきましたが、30歳をこえると、シミや乾燥が目に見えてわかるようになりました。

それから保湿や日焼け対策などに注意しながら肌の手入れをしはじめています。

ちょっと外に出るだけでも日焼け止めわ必ず顔や手やデコルテまできっちり塗るようにしています。

さらにスッピンよりも化粧をしているほうが、日焼けしにくいと思いますので、外出するときは薄くでも化粧するようになしたら、日焼けしにくくなったと思います。

日焼けは肌の乾燥にもつながりますし、いちばん油断できないところだと思います。

お風呂上がりは少しでも早く保湿した方がいいので、すぐに化粧水や保湿クリームを塗って乾燥対策をしています。

保湿にちからを入れて手入れをしていたら、乾燥がおさえられて、毛穴が小さくなって目立たないようになると思います。

冬場は顔の乾燥も気になりますが、体のほうが全身乾燥がひどくて、すごくかゆくて寝ている間にもかいてしまって、背中や腰のあたりがとくにアザのようになるくらいで悩んでいます。

お風呂上がりに保湿クリームを全身に塗ったりしますが、ひどいときはかゆみ止めを塗らないとカサカサがおさまりません。

乾燥肌のお手入れについて

10代のころはにきびに悩み、プロアクティブなどのアクネ商品を使って対処していましたが、20代になりにきびはほとんどなくなり、特にお手入れに力をいれなくても問題なくたまに保湿用のパックをするくらいで十分でしたが、30代になってからは、夏場はべたつき、冬になると粉をふくほど乾燥してくるようになりました。

べたつくのも結局は乾燥からくるということを知り、保湿に力を入れるようになりました。

化粧水、乳液は高級品を使える余裕はないので、手ごろな値段のものをたっぷり使うようにしています。

化粧水を浸透させた後、2分ほど時間をおき、乳液をたっぷり手のひらで温めながらゆっくり浸み込ませます。

これで乾燥はほとんどしなくなりました。

また、年々油の吸収も悪くなってきたのか、白い吹き出物(脂肪の塊のようなもの)が頬や瞼などにでてきたので、食生活でも揚げ物は控えるようになり、調理する際は、小麦粉ではなく、米粉で揚げるか、揚げずに焼いたりして、油の摂取量を減らすようにしました。

油のはごま油、オリーブオイル、アマニ油、えごま油を積極的に取るようにしています。

水分も多めに取り、冷たいものだと体を冷やすので、できるだけ常温か温かい飲み物をいただくようにしています。

そのおかげか、少しずつ肌が元気になってきたような気がします。