私の肌のお手入れ方法

私は乾燥肌で一年中全身に痒みがあります。

特にお風呂上りに痒くなるのですが、最近はセタフィルのモイスチャライジングローションで保湿をしています。

セタフィルは他の保湿ローションに比べて伸びがよく、ベタつかないし、時間がたっても乾燥せず潤っている感じがします。

頭皮もよく掻きむしってしまい瘡蓋を作ってしまうのですが、髪をドライヤーで乾かす前に、このローションを頭皮に馴染ませるようにマッサージしながら揉みこむと段々良くなってきました。

洗顔は無添加のなるべく何も入っていないシンプルな石鹸を使うようにしています。

チュフディナチュールの石鹸は肌が荒れず、つっぱることもなく良かったです。

化粧水はアクアレーベルのホワイトアップローションのしっとりタイプを使っています。

他の化粧水に比べて浸透しやすく自分には合っていると思います。

他には普段は使っていないのですが、たまにビオチンという栄養素をサプリで補っています。

ビオチンはアトピーの治療にも使われていて、新しい皮膚を再生するのを助けてくれるそうです。

一時期胸に酷い痒みが出て、掻きむしってしまい、ジュクジュクするまで酷くなってしまったのですが、ビオチンを摂取したところすぐに良くなりました。

乾燥肌で悩んでいる方は一度試してみるといいかもしれません。

自分のはだの気がかりとお手入れ方法

肌の気がかりは乾燥です。

年々と乾燥具合が酷くなってきました。

お手入れ方法は特に変わったケアーはしていません。

アイテムはクレンジング、洗顔、化粧水、乳液、美容液です。

お手入れでこだわっている事は、顔を洗う時の温度と、洗ってからお手入れに入るまでの時間をなるべく空けないということです。

まず、温度は冬になるとどうしても体にあててちょうどいい温度ですと、更に乾燥を悪化させてしまいますので、顔を洗う時は温度設定を変更しています。

体は大体41℃くらい、洗顔時は32℃くらいです。

今の時期ですと、ちょっと冷たいですね。

でもこの方が余計に肌から水分が奪われないので、温度は手間ですが、毎回変更して洗顔を行っています。

次のこだわりは、なるべく洗顔後はお手入れに入る時間までを空けないということです。

以前もう少し若い時は、洗顔してからお手入れに入るまでの時間など気にしなくても乾燥など全くきになりませんでしたが、やはり年齢を重ねると乾燥が気になってきました。

現在は洗顔後のお手入れは5分以内にはするようにしています。

時間が経てば経つほど水分は奪われる。

と以前購入した化粧品のアドバイザーの方に伺いましたので、実践しております。

実践してからは、翌朝の肌の触り心地、お化粧のり、日中の乾燥(特に目元です)が気にならなくなってきました。

肌の乾燥予防が老化の予防につながる

20歳代のころまではたいして、肌の手入れに気合いをいれなくても気になることなく過ごしてきましたが、30歳をこえると、シミや乾燥が目に見えてわかるようになりました。

それから保湿や日焼け対策などに注意しながら肌の手入れをしはじめています。

ちょっと外に出るだけでも日焼け止めわ必ず顔や手やデコルテまできっちり塗るようにしています。

さらにスッピンよりも化粧をしているほうが、日焼けしにくいと思いますので、外出するときは薄くでも化粧するようになしたら、日焼けしにくくなったと思います。

日焼けは肌の乾燥にもつながりますし、いちばん油断できないところだと思います。

お風呂上がりは少しでも早く保湿した方がいいので、すぐに化粧水や保湿クリームを塗って乾燥対策をしています。

保湿にちからを入れて手入れをしていたら、乾燥がおさえられて、毛穴が小さくなって目立たないようになると思います。

冬場は顔の乾燥も気になりますが、体のほうが全身乾燥がひどくて、すごくかゆくて寝ている間にもかいてしまって、背中や腰のあたりがとくにアザのようになるくらいで悩んでいます。

お風呂上がりに保湿クリームを全身に塗ったりしますが、ひどいときはかゆみ止めを塗らないとカサカサがおさまりません。

乾燥肌のお手入れについて

10代のころはにきびに悩み、プロアクティブなどのアクネ商品を使って対処していましたが、20代になりにきびはほとんどなくなり、特にお手入れに力をいれなくても問題なくたまに保湿用のパックをするくらいで十分でしたが、30代になってからは、夏場はべたつき、冬になると粉をふくほど乾燥してくるようになりました。

べたつくのも結局は乾燥からくるということを知り、保湿に力を入れるようになりました。

化粧水、乳液は高級品を使える余裕はないので、手ごろな値段のものをたっぷり使うようにしています。

化粧水を浸透させた後、2分ほど時間をおき、乳液をたっぷり手のひらで温めながらゆっくり浸み込ませます。

これで乾燥はほとんどしなくなりました。

また、年々油の吸収も悪くなってきたのか、白い吹き出物(脂肪の塊のようなもの)が頬や瞼などにでてきたので、食生活でも揚げ物は控えるようになり、調理する際は、小麦粉ではなく、米粉で揚げるか、揚げずに焼いたりして、油の摂取量を減らすようにしました。

油のはごま油、オリーブオイル、アマニ油、えごま油を積極的に取るようにしています。

水分も多めに取り、冷たいものだと体を冷やすので、できるだけ常温か温かい飲み物をいただくようにしています。

そのおかげか、少しずつ肌が元気になってきたような気がします。

乾燥の季節は嫌だな

私は思春期を迎える頃から乾燥肌に悩んでいます。

特に寒い冬、外の冷たい温度と家の暖房で微妙な温度差があります。

乾燥肌なのですぐでます。

とにかく家に帰ると化粧水をぬります。

そうする事で解決できるので毎日行います。

食べ物では天ぷらや甘い煮物などは控える事があり、果物や野菜、ミネラルを多く含む食品を摂取するように心がけています。

乾燥肌はそれ程ではないのですが酷い日には痒くて仕方がありません。

予防として乾燥肌に適しているクリームを顔にぬる事もあるのですが早く治りたいです。

町中で乾燥肌の女性を見たことがあるのですがやはり目立ちますよね。

私もひどくないとはいえ人にどう思われているのかわからないので凄く不安になります。

その時に薬局でパックを購入したのですが自分に合っていなかったんです。

パックの種類も多種あるのでお店の方にアドバイスしてもらったら良かったなと後悔しています。

乾燥肌は治るものですか。

思春期がくるまでは結構綺麗だったのに。

肌というものはやはりある程度の年齢になると変化がおきるんでしょうね。

本当に嫌です。

これを食べたら必ずなおりますよってものがあればいいのにな。

これからも頑張って治したいと気持ちがあるので必ず治します。

乾燥からくる肌荒れ

私は高校生の時からニキビやテカリなどが気になっていました。

肌の油が多いのが原因だと思っていたので化粧水はさっぱりタイプやあまり肌に塗らないようにしていましたが、化粧販売の店員の方に相談したところ、逆に肌が乾燥しているから肌が油分を出してテカったり、肌が荒れてしまっていたということでした。

それからスキンケアの方法を一から見直しました。

 メイク落とし、洗顔料、化粧水、乳液、保湿ジェル、保湿クリームを全て買い揃えました。

買い換えたことで肌に対する意識が変わり、ひとつひとつの工程を意識するようになりました。

例えば、洗顔料は必ず泡立てネットを使用して泡立ててからするようになり、顔をすすぐ回数も30回以上ぬるま湯ですすいでいます。

また2週間に1度、マヌカハニーのオーガニック成分でできたピーリングを利用し肌の角質を取り除いています。

これをすることによって肌のターンオーバーをより促進することができ、肌に古い角質がないことで化粧水の吸い込みが普段より早いです。

これは肌によく浸透していることが目に見えてわかることなので、いつも楽しみにしています。

最近はフェイシャルマスクの値段がとても安いので、特に冬は3日1回のペースで行っています。

おかげで最近は本当に肌の調子がよく、化粧をしないで出かける程、肌に自信をもてるようになりました。

子育てと乾燥で肌がボロボロ

現在一児のママをやってます。

初めての子育てだったので肌のケアはスクラブ洗顔のみでした。

昔はエステに通っていたので肌の事はある程度は勉強したつもりだったのですが今は自分の美容費用や時間は後回しになってしまいました。

しかし秋になると次第に乾燥しだし、冬には口の周りや頬は粉をふき唇は皮がめくれて肌トラブルが大変なことに。

元々乾燥肌だったのですが、久しぶりに酷い姿を見てケア用品を集めました。

今は子育ても落ち着いてきたのでお風呂の時間、洗顔して顔や手足をローラーして保湿クリームを浸透しやすくし、バターパックをしてお風呂から出るようになります。

そしてお風呂後はすぐに保湿度が高い美容液を塗り寝ます。

今は自分に使う時間が昔よりだいぶ減ったので手軽にできるホームケアがすごく有難く、ショップにいっても短時間でケアができコスパが良いものを探しています。

私の場合、シート用のパックは顔がすごく乾燥しているとヒリヒリして貼れないので知人からオススメしてもらった美容液を愛用しています。

おすすめされる前は、コスパがいいものの中で良さそうな物を探しますが保湿度が高すぎるのもニキビの原因にもつながるので探すのがなかなか大変でした。

乾燥肌に悩む解消法

乾燥肌に1年中悩まされています。

夏だから汗をかいたり体中がベタベタしたりしますが顔だけは乾燥しています。

顔に汗はかかないかといったら汗っかきなので汗が流れてくるほどで、汗が引いてくると顔がカピカピな感じになってしまいます。

紫外線対策もしなくてはいけないので1年中顔には日焼け止めクリーム塗っています。

そのせいでしょうか特に夏は顔の乾燥が酷いです。

なのでスプレー式の日焼け止めは夏にはかかせません。

顔にスプレーすると潤う感じと日焼け止め対策です。

また冬は暖房のせいで乾燥してしまうので悩みの種です。

乾燥対策としてパックです。

それもゲルパックです。

週に4、5回は寝る前にやってます。

パックをする前に栄養クリームに乳液か美容液を混ぜて顔にたっぷりつけて目元もアイクームをつけた後に目元専用のゲルパックをつけます。

目元パックをつけたまま顔にゲルパックをつけます。

好んで買うパックが長い時間つけておけるパックで30分?1時間つけておけるパックです。

パックが乾いてきたくらいに取り顔を少しパッティングした後また栄養クリームに美容液を混ぜて顔にたっぷりつけます。

その方が潤いに蓋をする感じで翌朝が違います。

だんだん歳を重ねていくと潤いが足りなくなっていくのを実感してます。